FC2ブログ

記事一覧

シングルマザーという選択肢

精子提供の面談をさせていただく女性からの、精子提供希望理由として選択的シングルマザーを選ばれる場合も多くいらっしゃいます。

お仕事を頑張られて、ご自身のキャリアを結婚出産によって制限されたくない女性が、子供だけは産み育てたいという方。
その場合の相談ポイントとして、両親や会社の子育てのサポート体制がきちんとしているか?という点を確認させていただき精子提供に進ませていただくことが多いです。

また、出産適齢期を目前にして、いまは選択的シングルマザーを望みつつ、将来的なパートナーはまだ時間をかけて選ばれるという女性もいらっしゃいます。
その場合も、面談時には子育てをおひとりでする上での周囲の理解や、仮に結婚した場合のパートナーへの説明などについてのご意志を確認します。

上記は精子提供に進まれる場合ですが、お断りする場合もございます。

まず、離婚などで自身の子供の親権を奪われて、子供をもう一度持ちたいという理由。気持ちはわかりますが自分本位ですし、寂しいからという理由が大半で、実際の子育ては難しいと判断することが多いです。

また、自身の家系の遺伝子(DNA)を残したいという理由も、子育てに向き合っていない場合が多く、将来的な子育て放棄に繋がったりしないか不安になりますし、ゆくゆく再考を促すことが多いです。

https://luckybaby777.jimdo.com/

baby_taidou.png

精子提供ランキングにご協力を
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村

プロフィール

精子バンク情報局

Author:精子バンク情報局
妊活サポートボランティア情報局では、赤ちゃんが欲しくても様々な事情で現状のままでは望めない女性またはご家族へ精子提供のボランティアという形で、望まれる未来のお手伝いをさせていただく活動団体として妊活情報を発信しています。
非配偶者間人工授精(AID)や性同一性障害(GID)のご夫婦、選択的シングルマザーを望まれる女性、男性不妊により配偶者間での妊娠が望めないご夫婦などへ精子提供という形で妊活をサポートさせていただきます。
https://babyplatinumpartner.jimdo.com/

最新コメント