記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定不妊治療費助成について

現在、各自治体では少子化対策の一環として、医療保険が適用されず、高額な医療費がかかる特定不妊治療を受けた夫婦に対して治療に要する費用の一部を助成する制度があります。

自治体によって助成制度の内容は様々なようですが、およそ下記の該当にあたることで助成を受けることができます。
法律上婚姻している夫婦
夫婦の両方又は一方が自治体住所を有すること
体外受精及び顕微授精以外の治療法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された方
夫婦の合計所得が○○万円未満の方
申請月において、それまでに納付すべき市税の滞納がない方
指定医療機関で治療をされた方
治療を開始した時点の妻の年齢が43歳未満の方
妻の年齢が43歳以上の場合は、助成の対象外となります
例えば、東京都の特定不妊治療費助成は下記のようになります
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

妊活は経済的な負担も大きいので、一度自治体に確認してみると良いでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

精子提供リンゴの木

Author:精子提供リンゴの木
妊活サポートボランティア「リンゴの木」は赤ちゃんが欲しくても様々な事情で現状のままでは望めない女性またはご家族へ精子提供のボランティアという形で、望まれる未来のお手伝いをさせていただく活動団体です。
非配偶者間人工授精(AID)や性同一性障害(GID)のご夫婦、選択的シングルマザーを望まれる女性、男性不妊により配偶者間での妊娠が望めないご夫婦などへ精子提供という形で妊活をサポートさせていただきます。
https://luckybaby777.jimdo.com/

最新コメント

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。