fc2ブログ

記事一覧

2018年の精子バンクに登録いただいた男性紹介

精子バンクとしてもベイビープラチナパートナーはお子様を望む女性にご利用いただけます。
精子提供ボランティアとして登録男性に直接オファーいただければ精子提供の依頼ができます。
精子提供費用は、男性によって異なりますが無料から1万円程度まで登録者によって異なります。
GID、不妊治療、シングルマザー希望の女性の駆け込み寺としてベイビープラチナパートナーは多くの女性や家族に希望を与えています。登録に際しては必要情報の登録などで確認していますが必ず提供前の面談を実施いただくことを推奨しています。

coffe.png

先月も全国の精子提供希望男性にご登録いただきました。
すでに精子提供活動まで進まれていらっしゃる男性もいるそうです。

まだまだ全国には精子提供を検討したい女性やご夫婦が多数いらっしゃいます。特に北海道や九州、北陸、四国エリアは精子バンクへの登録男性が少ないので活動検討されている男性の登録も歓迎しています。

2019年2月7日 【北陸エリア】新潟県・さとし様を登録しました
2019年1月30日 【近畿エリア】大阪府・Shirakawa様を登録しました
2019年1月17日 【中部エリア】愛知県・ともあき様を登録しました
2019年1月16日 【関東エリア】東京都・安藤様を登録しました
2019年1月16日 【関東エリア】東京都・鈴木様を登録しました
2019年1月6日 【関東エリア】栃木県・中野様を登録しました
2019年1月6日 【近畿エリア】大阪府・TAKAFUMI様を登録しました
2019年1月6日 【中部エリア】長野県・ひろし様を登録しました
2019年1月6日 【中部エリア】愛知県・正志様を登録しました

日経スタイル記事抜粋

精子バンクを利用する独身アラフォー女性の選択

■精子バンクは「家庭を持ちたい」望みを支える重要な存在

彼女は、昔のボーイフレンドとの間にできた5歳の娘を、近所に住む自分の母親の手を借りながら育てていて、 娘のためにももう一人子どもが欲しいと願っていた。「一生を共にしたいと思う男性とはいまだに出会ってないの」とため息をつきつつ、「40歳になる前にもう一人産んでおきたい」との思いから、精子バンクを利用することに決めたと話してくれた。相手の写真やビデオ、学歴などを見ながら選んだ精子を数百ドルから数千ドルで手に入れ、自分の排卵のタイミングに合わせて、注入するのだという。

数年前までの私だったら、キャリアを模索して伴侶を探す時間が乏しく、40歳近くになって探し始めたら相手が見付からず、それでも子どもが欲しいと願う女性に対し、自分の人生を自分の手で決める手段として、精子バンクを活用することにためらいもせず賛成していただろう。もちろん、子育ては簡単なことではないだろうが、米国は片親でも子どもを育てやすい環境が比較的整っているからだ。

女性が子どもを産める期間は限られている。女性が男性と同じ戦場でキャリアを求めて刃を交える現代社会では、精子バンクはそのような女性の「家庭を持ちたい」という望みを支える重要な存在なのである。また、子どもが欲しくて精子バンクにまで行って妊娠した女性の方が、「できちゃった」後にためらいつつも産む女性より、母親として劣っているとは、決して言えないのではないだろうか。

―――――――
米国では精子バンクを活用したシングルマザーをはじめから希望した女性による妊娠出産という選択肢も認められつつあるようです。精子のDNSとして優秀な男性からの精子を高値で「購入」するということも実際に行われており、一部の裕福な日本女性も活用している実態もあるそうです。

記事はこちら>


また、トランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティーの方でも子供を持つ人生を選ぶ方法の一つとして「精子バンク」を活用した妊娠出産も増えています。

「家族がほしい」と願ったXジェンダーは、精子バンクを選択した。

今回お話を聞いたのは、漫画家の華京院レイさん。自身の性を男性でも女性でもない中性と捉えている(どちらかというと男性寄りの)「Xジェンダー」で、恋愛感情や性的欲求も持たない「アセクシュアル」(無性愛者)の当事者だ。

華京院さんは、1年ほど前に第一子を出産。現在はその子を1人で育てている。
「恋愛やセックスの欲求がなく、誰かと家庭を築く想像もつかなかった」と話す華京院さんが選んだのは、アメリカの精子バンクという選択肢だった。

自身のセクシュアリティにまつわる葛藤を経て、「家族がほしい」と願った華京院さんのライフヒストリーをご紹介する。

記事はこちら>


全国の精子提供可能な男性と精子提供を希望する女性をマッチングするサービス
ベイビープラチナパートナー
logo.png
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ
にほんブログ村

プロフィール

精子バンク情報局

Author:精子バンク情報局
妊活サポートボランティア情報局では、赤ちゃんが欲しくても様々な事情で現状のままでは望めない女性またはご家族へ精子提供のボランティアという形で、望まれる未来のお手伝いをさせていただく活動団体として妊活情報を発信しています。
非配偶者間人工授精(AID)や性同一性障害(GID)のご夫婦、選択的シングルマザーを望まれる女性、男性不妊により配偶者間での妊娠が望めないご夫婦などへ精子提供という形で妊活をサポートさせていただきます。
https://www.babyplatinumpartner.com/

最新コメント